豊明市ひきこもり相談窓口 はばたき
Habataki

豊明市ひきこもり相談窓口 はばたき
  • 学校に行けない・・・
  • 働かなくてはと思っているけど・・・
  • 外出しない子どもが心配・・・

ご自身や家族のことで、お一人で悩んでいませんか?
これからのことについて、今できることを一緒に考えます。
まずは、あなたのお気持ちをお聞かせ下さい。
ご家族、地域の方、その他関係機関の方からのご相談もお受けします。

対象:豊明市にお住まいの義務教育終了後の方で、自宅にひきこもりがちな方とそのご家族等

相談無料・秘密厳守致します。

ひきこもりって?
About

「ひきこもり」とはさまざまな理由によって社会的な参加の場面が狭まってしまい、就労や就学等の自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態のことを指します。

ちょっとした買い物には行ける方から、必要なとき以外ほとんど自分の部屋で過ごしている方まで、人によってその状態はさまざまです。

相談の流れ
Flow

  • 1.ご来所もしくはお電話ください。相談員が対応します。窓口までお越しになれない場合は、対応方法についてご希望に添えるよう配慮します。
    まずはお電話ください。

    相談員が対応します。

  • 相談方法は来所・電話・訪問など、ご希望に沿えるよう配慮します。
    不安やお困りごと、今のお気持ちをお聞かせください。今できることを一緒に考えます。
    窓口までお越しになれない場合は、対応方法についてご希望に沿えるよう配慮します。

支援について
Support

豊明市ひきこもり相談窓口 はばたき

ご本人のそのときのお気持ちを大切に、継続的な相談を行います。
状況にあわせて、はばたきでは、次のような支援も行っています。

付き添い支援
必要に応じて、外出時のサポートを行います。(病院・買い物・散歩など)
居場所支援
家庭以外で自分らしく過ごせる居場所、フリースペース「スワロー」を定期開催しています。あなたの好きな過ごし方を教えてください。
スワローでは月に1回、家族のための会も開催しています。詳しくはこちら
学習支援
専門の支援者や、ボランティアによる学習のサポートを行います。
就労支援
働きたい方には、ご自身に合う働き方を見つけるためのトレーニングやサポートができる支援機関におつなぎします。また、はばたきでは就労体験の機会も設けています。詳しくはこちら

地域の方へ
To the area

相談員とともに活動してくれるボランティア(はばたきサポーター)の養成や、孤立している方を地域で支えるための啓発活動(市民講演会など)を行っています。
また、ご近所で孤立しているなど、気になる方がお見えになったら、どんなことでもご連絡ください。

相談窓口連絡先
Contact

電話番号
0562-85-3951
相談時間
午前8時30分~午後5時15分 月曜日~金曜日(祝日・年始年末除く)

※ この事業は豊明市からの委託事業です

ページトップへ