児童・生徒の福祉実践教室


目 的

 障がいを持った人や、お年寄り等さまざまな人が暮らしている地域社会で「ともに生きる」明るい社会をみんなの手でつくりだすことが、今日的課題となっています。

 そこで、児童・生徒が、視覚障がい・聴覚障がい・肢体不自由・知的障がいをもつ人との交流の中で福祉との関わりを日常的な実践活動へと広げていく契機とするために開催するものです。



社協では

 福祉実践教室を障がいを待っておられる方、高齢の方に対してだけでなく、友達、先生、家族、地域など、まわりの人々に対しての“思いやりの心”と“生きぬく力”を育て、伸ばすきっかけ作りと考えます。

 今後も積極的に、講師の方、ボランティアさん、学校の先生方との交流や、連絡調整、打合せを進め、子ども達に理解と感銘を与えられるような体験をみんなで考えていきます。 



肢体不自由(車いす)についての全体講義(豊明小)

  

           
      高齢者疑似体験(沓掛中)      盲導犬体験(唐竹小)        知的障害者理解(栄中)


豊明市では、小学校9校、中学校3校で福祉実践教室を開催します。