青少年福祉ボランティア体験学習



目 的


 今日、地域における障害者や高齢者の問題が人々の関心ごととなり、福祉問題の学習やその解決策としてボランティア活動が大きく広がってきています。

同時に、ボランティア活動は、他人への思いやりと人と人とのふれあいを通じて「ともに生きる」ことの確認や、また、人間としての尊厳や平等感が身につく活動となっています。

 現代の青少年は、こうした障がい者や高齢者等とのふれあう機会の少なさもあり、社会や他人への関心やつながりが薄いといわれています。

 そこで、中学生・高校生を対象に社会福祉施設等でボランティア体験学習を実施することによって社会福祉の啓発と青少年の社会参加を促進しようとするものです。


社協では

 豊明市社協では、市内の3校の中学校と2校の高等学校の生徒さんを対象に、夏休みの期間中に、市内10施設の協力のもと、体験学習を実施しています。


市内で体験学習を受け入れていただいている施設 

施 設 名 所 在 地 電  話
知的障害者通所授産施設 メイツ 沓掛町中川81−2 91−1890
障害者支援施設 ゆたか苑 栄町大根1−143 98−0471
特別養護老人ホーム 豊明苑 栄町大根1−143 98−2121
特別養護老人ホーム 勅使苑 沓掛町勅使8−105 95−0200
特別養護老人ホーム 第二勅使苑 沓掛町勅使8−51 95−0280
豊明老人保健施設 沓掛町棧敷30−7 93−8411
豊明第二老人保健施設 沓掛町城塚1 95−2110
どんぐり学園 西川町長田16−8 92−6218 
JAあいち尾東豊明たすけあいけやきの会 三崎町ゆたか台30−1 93−8886
グループホームひびきの家豊明 沓掛町東門22番地1 91−4001 



   

 本年度も夏休み期間中に、市内の中学校、高校の生徒さんに各施設へのボランティア体験学習を開催しています。

中学校、高校の時にボランティア体験をした生徒さんが大学生や社会人になってからもボランティア活動につながっています。