赤い羽根共同募金
豊明市共同募金委員会
      
      

よくある質問

Q1
 税金を払っているのに、なぜ、共同募金をする必要があるのですか?
A1
 行政では、私達の税金で公平に効率的に施策を行っています。社会福祉の対象者にも、不公平にならないように、施策を行っています。
 現在、急激な少子・高齢化が進化する中で、住民の社会福祉に対する意識も変わってきました。この社会の変化が激しい時代にあって、特筆すべきことは、民間非営利団体(NPO)やボランティア団体の活動に見られるように、多くの人々が、単に税金による公的な社会福祉制度の充実を求めるでけではなく、住民みずからが主体に多様な社会福祉の課題に果敢にとりくむ試みがふえ、民間社会活動が新たな展開の時期を迎えていることです。
 この様な状況のなかで、共同募金運動は、住民相互のたすけあいを基調とし、地域福祉の推進を目的として、だれもが住みなれた地域で安心して暮らすことができ、住民みずからが参加する福祉コミュニティづくりへの参加を促し、実現するための多様な活動を財源面から支援する役割を果たすことが求められています。民間の特質である迅速性、柔軟性、先駆性、開拓性です。そのための財源として、共同募金は、欠かすことができないものです。
Q2
 なぜ目標額があるのですか?
A2
 共同募金は、集まった寄付金を特定の配分先などに単純に配分しているのではありません。
 まず、さまざまな団体に申請をよびかけます。次に、社会福祉協議会などの民間の社会福祉団体や施設から申請を受けます。
 その申請内容について、その必要性、緊急性などを考慮し、寄付者の方々に納得いただけるような配分計画をたて、その計画額を目標額として行う募金です。
 いいかえれば、目標額は、最小限度、これだけはぜひ必要だという計算から割り出した金額になります。
※ 目標額は設定しておりますが、これは共同募金会がたてた計画であり、住民のみなさんに対し
  ては、強制ではなく任意の募金です。
※ 共同募金会では、目標額を達成するため、目安額を提示していますが、寄付にあたっては、
  任意で応分の寄付をいただければ結構です。
Q3
 善意の募金なのに、なぜ寄付金額を割り当てるのですか?
A3
 前述の答と同様です。
 この目安額は、あくまで目安にすぎません。各ご家庭相応のご協力をいただければ結構です。
Q4
 なぜ、家庭で募金したのに職場でも募金するのですか?
A4
 共同募金は、一人ひとりにご協力いただくことをめざしている運動です。
 共同募金へのご協力をお願いしているのは、世帯ばかりでなく、街頭や職場や学校などで呼びかけているのは、一人ひとりに住んでいる地域の福祉に関心をもっていただきたいからです。
 福祉サービスが豊かに行われ、住民にとって暮らしやすい福祉の充実した地域にしたいのです。
 多くの人は、福祉にふれる機会が日常ほとんどありません。だれもが、福祉に参加するきっかけとして、地域の福祉を支える役割を担っていただきたいからです。
 共同募金は、地域の人々がお互いに助け合って、ともに生きていこうという心をもっていただく運動として展開しています。
Q5
 なぜ、町内会長や自治会長が、共同募金運動に協力しなければならないのですか?
A5
 愛知県において、毎年、共同募金に好成績をおさめることができるのは、町内会長、自治会長、班長さんなどのボランティアのみなさまのおかげです。
 この運動は、社会福祉に率先して協力しようという募金ボランティアの方々の組織的活動で推進されています。
 福祉の向上充実を願うボランティアの方々に支えられている運動です。
 町内会長さんや自治会長さん、班長さんにボランティアをお願いし、お骨折りいただいています。
 住民のみなさまに、本運動の趣旨や使い道を正しくご理解いただくために、共同募金会と住民のみなさなとの「パイプ役」として、ご協力をお願いしています。
Q6
 なぜ、私の町では、目標額が高いのですか? 
A6
 共同募金の使い道は、大きく2つに分けられます。
 1つは、県単位で使われるもの、例えば、児童養護施設のような入所施設の整備費や、全県的に活動している福祉団体の事業費などで、県全体の福祉を向上させるための資金です。
 この全県的に使われる金額は、どこの市区町村に住んでいる方でも、同じ額の寄付をお願いしています。
 他の1つは、それぞれの地区町村内の計画に基づいて、市区町村で使われる資金です。
 この資金は、地域の福祉を高めるために、社会福祉協議会、小地域の福祉活動団体、ボランティア活動団体などに配分されます。
 「目安額が高い」ということは、それだけ住んでいる市区町村の地域福祉活動を積極的に進めるために使われようとする金額が多いということになります。

Q7
 運動をするための経費は、どうなっているのですか?
A7
 運動を進めるための経費は、おおよそ募金額の1割程度をめどに使っています。
 経費の使い道は、赤い羽根、募金箱、ボスターやチラシ、パンフレットなどの広報資材、打ち合わせ会や説明会などの開催費などにあてられています。
 寄付金は、経費以外は、すべて配分としてつかわれています。

Q8
 りっぱなチラシやパンフレットを作るお金があったら、配分に使ってほしい。
Q8
 テレビやラジオの放送会社に協力していただいて、スポット(15秒CM)を無料で、空き時間に放送いただいています。前もって放送時間を組めないので、一般の方の目にふれる機会が限られてしまうことが多いのです。
 そこで、みなさまの住んでいる地域の募金の使い道などについて、お知らせしたい情報を資料として、チラシやパンフレットを作っています。
 お忙しい中で関心をもってもらうために、工夫して作成しているチラシやパンフレットで、最小限の資材として作成しています。また、少ない財源をやりくりして、企業等からご協力をいただいて廉価で作成しています。